志望校合格を勝ち取った先輩たちの喜びの声 2016年度 合格体験記

  • 中学入試1

    • 都立大泉高校附属中学校

      向出 直人くん

      校舎小竹向原校

      出身校上板橋第二小学校

      合格を手にしての感想

      ぼくは、6年生の春から都立受検の勉強を始めました。始めた時から作文が苦手でなかなかうまく書くことができませんでした。しかし、先生にアドバイスをもらい、何度も書き直しているうちに、「よく書けている」と言われるようになり、自信を持てるようになりました。
      ぼくが合格したのは、「月曜特訓」に行ったり、通常授業のやり直しをしたりしたからだと思います。勉強したことを確実に自分のものにすることは大切です。そして「受かりたい」という気持ちも大切だと思います。ぼくが合格できたのは、俊英館のおかげです。本当にありがとうございました。

      保護者様より

      都立中高一貫校の受検を考え始めたのは6年生の春。それと同時に俊英館に通い始めました。まわりより少し遅いスタートだという思いもあり、焦りを感じていましたが、先生方はいつも親身に相談にのって下さいました。
      親の言うことは素直に聞けない子供も、先生の言葉は素直に受け止め、自分なりに工夫し努力していました。その姿には成長を感じ、頼もしく感じるようになりました。都立の受検勉強で得た力、「深く考える力」、「表現する力」はこれからの人生に必要な力だと思います。俊英館で学んだことを忘れず、これからも頑張ってほしいです。
      佐藤先生、松村先生、「日曜特訓」などでお世話になった先生方に本当に感謝しております。
      ありがとうございました。