志望校合格を勝ち取った先輩たちの喜びの声 2016年度 合格体験記

  • 高校入試1

    • 川越高校

      大久保 暁史くん

      校舎東松山校

      出身校嵐山町立玉ノ岡中学

      合格を手にしての感想

      僕は中1の冬期講習から俊英館に入りました。それまでは、特に英語が苦手で、2学期の中間テストは平均点以下でした。ですが、塾に入って徐々にできるようになり、入試では100点をとることができました。内申が低く、合格できるか不安でしたが、先生の応援もあり、落ち着いて受験に臨めました。自分の力を出し切れたことがとても嬉しかったです。

      保護者様より

      息子は当初、「塾へは行かない」と言っていたのですが、授業のわかりやすさに感激し、自ら入塾を決めました。塾に入ってからは、目に見えて定期テストのできがよくなったことで自信をつけ、高い目標を持って勉強に取り組むようになりました。受験生の親として、特にこの1年間は不安を感じることも色々あったのですが、メールで相談するとすぐに対応していただき、とても心強かったです。姉弟とお世話になりましたが、それぞれに合ったやり方で第一志望校合格へと導いていただき、大変感謝しております。ありがとうございました。

    • 千葉東高校

      桑畑 歩実さん

      校舎市原中央校

      出身校市原市立国分寺台西中学

      合格を手にしての感想

      中3の夏から本格的に受験勉強をはじめて、もっと早くから熱心に勉強すればよかった、と思ったり、苦手な教科に苦しめられたりして、落ち込んだときがあったけれど、俊英館の先生方励ましてくれたり、わからないところを丁寧に教えてくれたので、最後まで全力で頑張れました。
      志望校に合格できたときは本当にうれしかったです。
      先生方、本当にありがとうございました!!!

      保護者様より

      娘は毎夜、塾から帰宅すると先ず塾での様子や、先生からの指導内容を沢山語っていました。先生を信頼して、学習面のみならず精神面でも支えて頂いていた事は、その会話から感じていました。指導時間を惜しみなく費やし、結果を導いて頂いた先生方には心から感謝しています。本当に有難うございました。

    • 国立高校

      松 祐里さん

      校舎恋ヶ窪校

      出身校桐朋女子中学

      合格を手にしての感想

      合格発表のときは思わず「えっ」と叫んでしまうほど驚きました。それほど合格は嬉しく、また自信になるものでした。よく、「1日5時間勉強しました」、「受験校の過去問7年分を3周しました」という言葉を聞きます。しかし私は、私立中ということで、通学に毎日往復2時間かけていたため、なかなか勉強時間を確保できませんでした。週に3コマしか取れず、学校の勉強で過去問に全く手が回らない中、合格できたのは、俊英館の先生方の的確なご指導のおかげです。
      時間という量を重視するより、個別指導による「完全に私準拠」のカリキュラムを組んでいただけたことで勉強の質が上がり、短時間でも効率的に学習できたのだと思います。

      保護者様より

      娘は、小中高の一貫校から高校を外部受検する、という道を選んだため、受験についての助言等、学校からは一切ありませんでした。そのような状況で、頼りにできるのは塾しかなく、俊英館の先生方には受験のことを一から十まで教えて頂きました。志望校の選定はもちろん、不安なり落ち込んだときには将来のアドバイスもして頂きました。娘が難関校に合格できましたのも、“受験のプロ”である先生方の的確なご指導があったからこそ、と思い、大変感謝しております。

    • 明治学院高校

      菊池 陽菜さん

      校舎鳩ヶ谷校

      出身校川口市立八幡木中学

      合格を手にしての感想

      中学1年生の頃からずっと行きたかった第一志望の高校には、学力がまだまだ追いついていない状態でした。
      なので、自分から「塾に通ってしっかり勉強したい」と言って、俊英館に通わせてもらいました。集団では、毎回あるテスト勉強が大変でしたが、他校の友達とも仲良くなり楽しかったです。個別では、苦手な教科を見てもらい、解くことができる!から時間を無駄にせず早く解く!という力がつき、成績も少しずつ伸びてきました。第一志望を変更せずに合格することができて本当に良かったです。俊英館の先生方や家族に感謝しています。本当にありがとうございました。

      保護者様より

      中学生になり、早々に志望校を決めて頑張ってきましたが、勉強の仕方がわからないまま成績は思うように伸びず、悩んでいました。娘の意思は固く、志望校に絶対合格したいという気持ちを持って3年の春に入塾を決めました。当初は個別を希望していましたが、先生より「他の生徒さんと競い合い、切磋琢磨した方がいい」というアドバイスを頂き、集団で受講することになりました。そのおかげで勉強に対する意欲が高まり、さらに前向きになってきました。個別は、受験の数ヵ月前から弱かった教科を中心に受講しました。
      わがままなスケジュールにも対応して頂き、本当に感謝しております。
      また、最後まで前向きに声をかけてくださった先生方、本当にありがとうございました。

    • 幕張総合高校

      前田 美月さん

      校舎千葉中央校

      出身校千葉市立蘇我中学

      合格を手にしての感想

      自分の番号があったときは、とてもうれしかった。本当に自分かなと心配になりました。
      私が本気で受験勉強を始めたのは11月ごろで、受験校を変えようとした時でした。でも、今までにないくらいがんばっているのに成績は上がらなくて、とてもあせりました。それからもがんばり続けて、1月の模擬は判定が上がり、点ものびました。
      前期で合格できたのは、努力があったからだと思います。
      必死にやってよかった!と思いました。

      保護者様より

      秋に志望校を変えてから足りない所を補おうと塾で毎日必死に取り組んでいる姿が印象的でした。講師の方々の後押しも有り、最後の模試では今までの頑張りの成果が実り、ぐんと成績が上がり自信を持って受験日を迎える事が出来ました。おかげで行ける高校ではなく、本当に行きたいと思える高校へ合格する事が出来ました。